いきものログ

ケナガネズミ

脊椎動物門   哺乳綱   齧歯目   ネズミ科
ケナガネズミ Diplothrix legata
分布
鹿児島県(奄美大島・徳之島)・沖縄県(沖縄島)
ランク
絶滅危惧IB類(EN)
map

 ケナガネズミは日本に生息するネズミ類の中でもっとも大きく、ほかに似た種類もない特異な存在です。南西諸島にしか分布しておらず、学術的にも貴重で天然記念物に指定されています。また、現地ではドオジロ(奄美大島)、ジュジュロ(徳之島)とも呼ばれます。
 体は20~30cmで、長さ25~35cmと胴体より長く太い尻尾をもっています。体毛は黄褐色で、5~7cmの剛毛を混生させ、和名の由来になっています。
 性質はとても穏和で警戒心が少なく、懐中電灯の光を当てても逃げようとしません。夜行性で、昼間は大木のうろに潜み、夕方から活動を開始します。うろの中には枯れ葉や枯れ枝を運び込んで、直径30cmほどの丸い巣を作ります。野外ではシイ・カシの実を食べることが知られていますが、飼育の結果、雑食性だとされています。繁殖は不明な点が多いですが、冬に1産2~5仔を出産するようです。
 本種は夜行性なので、めったに見ることができません。このため、その生息数の推定はとても難しく、なかなか現状が把握できません。本種の生息にはシイやカシなどの高木林が不可欠なため、今後もこのような森の開発が進められるならば、その存続が危ぶまれることは容易に想像がつきます。

もどる