いきものログ

シマフクロウ

脊椎動物門   鳥綱   フクロウ目   フクロウ科
シマフクロウ Ketupa blakistoni blakistoni
分布
北海道
ロシア沿海地方・サハリン・国後島
ランク
絶滅危惧IA類(CR)
map

 シマフクロウは大型のフクロウの仲間で、オホーツク海沿岸マガダンから日本海沿岸のロシア沿岸地方及びサハリン南部、国後島と北海道に分布しています。現地のアイヌの人々からはコタンコルカムイ(村を守護する神)などと呼ばれ、かつては村落を守る神として北海道全域に普通に生息していたと考えられていますが、現在の生息範囲は道東と道央に限られています。
 体は約70cm、メスがオスよりもやや大きいです。長く幅広い耳羽をもち、翼は幅広く、尾羽は短いです。体は灰褐色で、黒く細かい縞模様があり、全体にまだら模様の複雑な色彩をしています。
 河川沿いや湖沼周辺の森林に生息していて、おもに大型魚類やカエルを捕って食料にしています。生息には雪におおわれる冬にも凍らない水域が必要です。大木の樹洞で営巣し、2~3月にかけて、1~2卵を産卵します。ヒナは孵化してから約60日間で巣立ちますが、翌年の2月頃までは親のなわばり内で給餌を受けます。行動範囲は広範囲ですが、定着性がとても強く、ほとんど生息場所を変えることがありません。
 天然林の伐採により大木の樹洞が減り、営巣することが困難になってしまったことや、エサとなるサケやマスが漁業によって減ったことで、シマフクロウの生息数が減少したと考えられています。1984年以来、環境省では冬期の人工給餌や人工巣箱の設置などの保護増殖事業を行っています。保護増殖事業で行われている標識調査の結果から、平成29年度時点で約165羽が生息していることが推測されています。

もどる