いきものログ

アカウミガメ

脊椎動物門   爬虫綱   カメ目   ウミガメ科
アカウミガメ Caretta caretta
分布
(産卵地)本州・四国・九州
南西諸島
ランク
絶滅危惧IB類(EN)
map

 アカウミガメは、赤道付近と極地をのぞく海域に広く分布しています。非常に広い生活圏をもつウミガメとして知られていますが、北太平洋地域では日本が唯一の繁殖地になります。
 甲らの大きさは70~100cmほどで、比較的頭が大きく、下あごが発達します。体色は全身褐色で、お腹はオレンジ色です。
 毎年5~8月にかけて上陸し、外洋に面した砂浜で産卵が行われます。おもな産卵地は静岡以西の太平洋岸で、南西諸島では、数多くある砂浜の約半数以上で産卵が見られます。親ガメは日没後~夜半のあいだに上陸することが多く、卵は30~40cm掘られた穴に、平均110個ほど産み落とされます。卵は50~75日程度でふ化し、夜、捕食者の目から逃れるように海に帰っていきます。その後、親になるまで生活史は、いまだよくわかっていません。最近の研究では、北アメリカ沿岸できわめて遅い成長(親ガメになるまで10年かかります)をしながら、漂流生活をしていると考えられています。
 徳島・宮崎県の地元のボランティアによる、ここ20年の記録によると、長期にわたる上陸の減少傾向は認められていません。しかし、産卵場ではダム建設・海岸線工事による砂浜の減少が各地で顕著になっていて、安心できる状況ではありません。ウミガメ類のもっとも大きな減少要因は、漁業による混獲にあるというのが、世界の研究者の一致した見方になっています。

もどる