いきものログ

リュウキュウヤマガメ

脊椎動物門   爬虫綱   カメ目   イシガメ科
リュウキュウヤマガメ Geoemyda japonica
分布
沖縄県(沖縄島・渡嘉敷島・久米島)
ランク
絶滅危惧II類(VU)
map

 リュウキュウヤマガメは沖縄諸島の沖縄島、渡嘉敷島、久米島だけに分布する地上性のヤマガメの仲間です。近似種は中国大陸南東部からベトナムにかけて知られていますが、南西諸島や台湾などには分布していないため、リュウキュウヤマガメは遺存的な種類だと考えられていて、1975年には国の天然記念物に指定されています。
 甲羅の長さは70~150mm、甲羅背面の地色は茶褐色で3本の隆起があり、各隆起には黒色の筋が走ります。腹面は黒色から暗褐色で、全体に黄色の縁取りがあります。
 常緑広葉樹の自然林や回復の進んだ二次林の湿った林床に見られ、とくに渓流沿いを好んで生息します。同じ林内でも乾燥した環境にはほとんど見られません。野外での目撃例は4~9月に集中しますが、詳しい生態や生活史は不明です。雑食性で植物の実、ミミズ、昆虫類、陸産貝類などを食物としています。
 分布する3島のいずれの個体群も、資料不足のため具体的な個体数は不明ですが、沖縄島では、1970~1980年代には名護市南部や今帰仁村を含む本部半島でも目撃例がありましたが、2000年代以降は名護市北部から大宜味村以北の地域に限られ、分布範囲が明らかに縮小していると考えられています。おもな減少の原因は森林伐採と河川開発による生息域の縮小で、また林道開発による生息域の分断と、側溝への墜落死も大きな影響を与えています。さらに、沖縄島では林道開設によって、天敵となるマングースや野生化したノイヌ・ノネコが生息地に容易に侵入し、リュウキュウヤマガメの生存にとって大きな脅威となっています。

もどる