いきものログ

クマガワブドウ

被子植物   双子葉類   離弁花類   ブドウ科
クマガワブドウ Vitis romanetii
分布
熊本県・宮崎県・鹿児島県
ランク
絶滅危惧IA類(CR)
map

 ブドウ属は主に北半球の温帯と暖帯に生育し、約60種が知られています。クマガワブドウは熊本県、宮崎県、鹿児島県に分布するブドウの仲間です。大きなつる性の落葉の樹木で、葉はややかたく、長さ7~17cm、幅6~15cmと大きくなります。また、葉柄が長く13cmになります。葉の裏面には黄褐色と白色のクモ毛が密生します。表面は若葉のころのみ同色の毛がありますが、やがて無毛になります。枝は太く、クモ毛が密生し、赤っぽい小さな突起が見られます。雌雄別株で、花期は7月です。雄花序は葉よりも長くなり、25cm、幅7cmになります。秋になるとヤマブドウと同様に8mmほどの果実がつき、黒く熟します。
 クマガワブドウは林縁部に多く自生するため、道路の拡張により自生地が破壊されたり、造林の妨げになるために伐採されてしまうことも多いようです。日本に自生するブドウ属の仲間には、ヤマブドウなど14種類ありますが、絶滅危惧種としては他にシラガブドウが絶滅危惧IB類(EN)に指定されています。

もどる