いきものログ

アツモリソウ

被子植物   単子葉類   ラン科
アツモリソウ Cypripedium macranthos var. speciosum
分布
北海道・本州
ユーラシア
ランク
絶滅危惧II類(VU)
map

 アツモリソウ属(Cypripedium 属)は唇弁と呼ばれる花弁の一枚が袋状にふくらんだ独特の形をしています。そのため、愛好者の多いランの中でも、もっとも人気のある仲間です。紅紫色の直径5cm以上ある派手な花をもつアツモリソウは、海外の園芸家のあいだでも人気のある種です。アツモリソウの自生地は、本州中部では標高1,500~2,000mの草原や涼しい疎林内にあります。標高の低い都市部で栽培を試みたとしても生育は難しく、たいていは夏を越えられずに枯らしてしまいます。このため、自生地でもともと少ないアツモリソウは、園芸目的での乱獲によりその数を減らし、知られていた自生地のほとんどすべてで絶滅し、現在確認されている数はわずかです。
 日本では1997年11月「種の保存法(絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)」で特定国内希少動植物種(2018年に「特定第一種国内希少野生動植物」に名称変更)に指定され、一層の保護対策がとられています。さらに、難しいといわれた種子の無菌培養に成功し、アツモリソウの保全に役立てるための研究が続けられています。

もどる