いきものログ

イタセンパラ

脊椎動物門   硬骨魚綱   コイ目   コイ科
イタセンパラ Acheilognathus longipinnis
分布
岐阜県・富山県・琵琶湖淀川水系(滋賀県・京都府・大阪府)
ランク
絶滅危惧IA類(CR)
map

 イタセンパラは、岐阜県の濃尾平野、富山県の富山平野北西部、滋賀県・京都府・大阪府にまたがる琵琶湖淀川水系のみに分布する日本固有のタナゴ類です。日本産タナゴ類の中でも、形態、生態ともにいちじるしく特化した種として知られています。また分布様式も特異なため、生物地理学的な価値も高く、1974年にはミヤコタナゴとともに、魚類として初めて国の天然記念物に指定されています。
 大きさは10cmほどになり、最大で15cm近くになります。タナゴ類の中ではもっとも扁平で、体高が高く、口ひげがありません。産卵期のオスは婚姻色と呼ばれる色彩に変化し、全身が紫紅色を帯び、腹部は黒色になります。背ビレと尻ビレは灰黒色で、真珠光沢のある蒼白色の縦帯が見られ、縁が黒色になります。メスは婚姻色が出ない代わりに、短い産卵管が発達します。
 生息環境は平野部河川中下流域におけるワンド(河川沿いに出来る水たまり)や、半自然水路、湖沼、泥底の止水域などです。食物は、稚魚では動物性プランクトン、その後は成長にしたがって、付着藻類や植物プランクトンに移行します。産卵期は9~11月で、小型のイシガイ科の二枚貝に産卵します。約4日で孵化した稚魚は、まもなく成長を停止し、そのまま二枚貝中で越冬します。
 琵琶湖水系では、かつて琵琶湖の内湖、巨椋池や淀川、宇治川、木津川にも生息していたとされますが、いずれも絶滅してしまいました。濃尾平野でも、ごく限られたワンドや水路にしか生息していません。富山平野では、戦前は中西部に広く分布していましたが、現在は氷見市の2河川のみです。これらの分布域でも水質汚濁や護岸工事の影響による個体数の激減や、生息地自体の縮小・消失は確かです。
 環境省では種の保存法に基づく国内希少野生動植物種に指定し、保護増殖事業を進めています。また、大阪府及び国土交通省では淀川への再導入を検討、試行しており、保護の取り組みが広がっています。

もどる