いきものログ

ニホンカワウソ(本州以南亜種)

脊椎動物門   哺乳綱   食肉目   イタチ科
ニホンカワウソ(本州以南亜種) Lutra lutra nippon
分布
本州・四国・九州(壱岐・対馬含む)
ランク
絶滅(EX)
map

 本州以南のニホンカワウソ亜種は、北極圏を除くユーラシア全域と北アフリカに分布するユーラシアカワウソの日本本土亜種とされています。他地域のものに比べて尻尾が長く、この形態的特徴や遺伝的特徴から別種とする意見もあります。日本では本州・四国・九州の他に壱岐や対馬でも記録があります。北海道にも生息記録がありますが、北海道産は別亜種とされています。1964年には国の天然記念物に、翌65年には特別天然記念物に指定されています。
 体は55~58cm、尻尾は35~56cm、体重は4~11kgで、オスはメスよりも大きな体をしています。首は頭と同じ太さで長い胴体に続き、耳は小さく先が丸くなっています。尻尾は横に扁平で根本が太く、胴体との境目があまりはっきりしません。背中の体毛は黒褐色、お腹は淡褐色です。
 河川の中・下流域や海岸域に生息し、おもに水中の魚やエビ・カニ類を食べます。一方、陸上で睡眠や休憩をし、育児も陸上で行います。基本的に夜行性ですが、昼間もしばしば観察されています。
 かつては日本全国の河川中・下流域に生息していましたが、明治年代に毛皮目当ての乱獲によってその数を大幅に減らしました。さらに、河川開発による生活環境の悪化、水質汚染などの原因によって激減しました。1979年に記録されて以降、確実な生息情報がなく、すでに絶滅してしまったと考えられています。

もどる