いきものログ

徳之島のリュウキュウイノシシ

脊椎動物門   哺乳綱   偶蹄目   イノシシ科
徳之島のリュウキュウイノシシ Sus scrofa riukiuanus
分布
鹿児島県(徳之島)
ランク
絶滅のおそれのある
地域個体群(LP)
map

 リュウキュウイノシシは日本本土に生息するニホンイノシシの琉球列島亜種で、体が小型なのが特徴です。奄美群島の奄美大島・徳之島・加計呂麻島・請島・与路島・沖永良部島、沖縄諸島の沖縄島、八重山諸島の石垣島・西表島に分布しますが、そのうち徳之島の個体群は、島の規模、好適な生息環境の分布状態、捕獲数などから見て、とくに規模が小さく、絶滅のおそれが高いと推定されています。
 本土のニホンイノシシの体長は約150cm、体重は約100kgになりますが、リュウキュウイノシシは体長110~147cm、体重は45~49kgとずいぶん小型です。
 おもに森林で生活していますが草原や農耕地にも現れます。雑食性でシイの実、タケノコや、ミカン類、サツマイモ、サトウキビなどの農作物の他、ネズミ、昆虫類、ミミズ、カタツムリ、ヘビなどの動物も食物とします。出産は10~12月と4~5月の年2回で、1産で4~6頭の子供を産みます。
 徳之島は山地が少なく、農業開発が進んでいてリュウキュウイノシシの生息に適した森林が非常に少ない上、狩猟や有害駆除の対象にもなっていて、徳之島個体群にとって大きな脅威となっています。

もどる