いきものログ

ヤンバルクイナ

脊椎動物門   鳥綱   ツル目   クイナ科
ヤンバルクイナ Gallirallus okinawae
分布
沖縄県(沖縄島)
ランク
絶滅危惧IA類(CR)
map

 ヤンバルクイナはノグチゲラとともに沖縄島北部の山地、「ヤンバルの森」にしか生息していない貴重な鳥です。 発見は1981年と比較的最近で、当時この大型新種の発見は、ほとんど飛べないという特異な生態もあいまって、大きな話題となりました。 正式な発見以前にも1970年代頃から、謎の鳥としていくつかの目撃例があり、地元では昔から知られていて、「ヤマドゥイ」と呼ばれていました。1982年には国の天然記念物として指定されています。
 体は約30cm、顔と喉は黒色、眼の後ろにのびる白帯がとても目立ちます。頭上から背中にかけては暗いオリーブ褐色、胸から腹にかけては黒色と白色の横縞模様です。 くちばしは太く、あざやかな赤色、先がやや白味がかります。脚は太長く、あざやかな赤色をしています。オスとメスの体の模様・色彩はほとんど同じです。
 常緑広葉樹林の林床や、周辺の草地で生活していますが、夜間は樹上をねぐらにしています。 飛ぶことはほとんどなく、林床の昆虫類、甲殻類、両生類などを食料にしています。繁殖期は5~7月で、地上に営巣し、1回の産卵数は4~5卵です。
 ヤンバルクイナの個体数は、1985年には1,500~2,000羽と推定されていました。しかし、ハブや野ネズミ駆除のために1910年に移入されたマングースが北上してやんばる地域にも分布を拡げた結果、個体数はほぼ半減してしまいました。やんばる地域の生態系を回復させるため、2000年度から沖縄県や環境省ではマングース防除事業を開始、2026年度までに完全排除することを目指して現在も防除が続けられています。マングースの減少とともにヤンバルクイナの個体数や分布域も回復しつつあります。一方で、ペットが野生化したノネコ、ノイヌによる食害や、交通事故は依然として大きな脅威であり、関係機関による対策や啓発活動が進められています。

もどる