いきものログ

ツチグリ

被子植物   双子葉類   離弁花類   バラ科
ツチグリ Potentilla discolor
分布
本州・四国・九州
ランク
絶滅危惧II類(VU)
map

 ツチグリは草地に生育する多年草です。地下にできる根茎は太く、その一部が著しく肥厚した塊状~紡錘状になります。和名はこのクリのようになった根茎が、ツチグリという名前の由来となっています。この根茎は皮をむいて生でも食べられるといいます。ツチグリによく似たミツバツチグリは普通に見ることができますが、ツチグリのような根茎はもちません。茎は高さ15~40cmで、地際から生える葉は、3~7枚の小葉からなります。小葉は長楕円形かそれよりも狭く、長さ2~4cmです。葉の裏面は白い綿毛が密生しています。綿毛は表面からも確認でき、葉を縁取っているようにも見えます。4月から5月に12~15mmの黄色い花を花茎の先に数個つけます。ハート型の花弁の下につくガク片の外側には、葉と同様の綿毛があり、白っぽく見えます。
 ツチグリは愛知県以西の本州、四国、九州に分布し、明るい草地に生育します。10の県で自生していたツチグリですが、2014年に出版されたレッドデータブックの事前調査ではそのうち8県で生育が確認されました。
 減少要因の一つとして草地の減少があります。ツチグリは乾燥した環境を好むため、自然の遷移により樹木が侵入してくると生育できなくなってしまいます。また、草地の開発による自生地の消滅、人による踏みつけによって減少しているようです。
 国外では朝鮮半島と中国北部に分布が確認されています。

もどる